にんにく玉ゴールドの成分は?本当に役立つものなのか心配

にんにく玉ゴールドには本当に信用できる成分が含まれているのでしょうか?ムダな成分が多いと役に立ちません。詳しく調べてみました。

TOP PAGE ⇒ 「サプリメントを販売するときの資格について」

サプリメントを販売するときの資格について

サプリメントの利用者が増加するにともなって、商品を販売する店舗も同じく増加傾向にあります。サプリメントの販売に関して、必ず必要とされる資格はありませんが、サプリメントアドバイザーという資格があります。消費者の求めに応じて、サプリメントや健康食品についての知識を随時提供できることが、サプリメントアドバイザーの目的といえます。サプリメントを販売する側の人でも、サプリメントアドバイザーではないこともあります。サプリメントを買う側の人からすれば、サプリメントアドバイザーの資格所有者からのアドバイスなら、心強いでしょう。サプリメントアドバイザーは、日本では二種類あります。一つは日本ニュートリション協会の認定資格、もう一つは日本サプリメントアドバイザー認定機構の認定資格です。どちらも資格もサプリメントアドバイザーという名称ですが、受験資格や認定基準に違いがあります。どちらの資格を取得しても、販売に関して行えることに差はないので、資格の内容や必要な知識が自分に適している方を選択しましょう。どちらの資格が、より自分が扱っているサプリメント販売に近いかを確認した上で、試験内容と、販売したいサプリメントの内容が近いほうの資格を得ると役立つことでしょう。自分が扱っているサプリメントの傾向と、資格ごとの内容を照らし合わせた上で、より近い内容のものにすると、活用の幅が広がります。サプリメントの販売は、法律の範囲内の行動ならば、誰にでもできます。一人一人のニーズに応じたサプリメントを選択し、満足度の高いサプリメントの販売をして欲しいものです。

サプリメントを販売する時の注意点

サプリメントを販売する時には、いくつか注意しなければならない点があります。法律の上では、サプリメントは食品として販売されていますので、効能を表記することは認められていません。サプリメントを販売するための広告の内容でも、治療効果があるような書き方はできません。人によっては、サプリメントの広告に書いてはいけないことがあると気付いていない方もいます。このサプリメントを使うと病気がよくなるとか、治療ができる等の書き方をすると、法律で罰せられてしまうのです。サプリメントによる治療効果を記載してサプリメントを販売した場合は、薬事法違反になります。サプリメントはあくまでも栄養補助食品なので、薬のような治療効果は無いのです。厚生労働省が医薬品と食品の違いを明確にしているので、それに従って成分を配合する必要があります。薬の成分に分類されているものをサプリメントに混ぜて、治療効果をうたうことで販売するという方法も、薬事法で禁じられています。法律では、あくまで食品は食品として販売するように求められています。食品であるサプリメントは、医薬品と混同しないように紛らわしいまねをさけて、きちんと食品として販売することが求められます。通販による販売だけに限らず、訪問販売や対面販売でサプリメント商品も売る場合でも同じになるので注意しましょう。

関連記事


Copyright (C) 2014 にんにく玉ゴールドの成分は?本当に役立つものなのか心配 All Rights Reserved.

TOP
PAGE